住宅ローン 払えない

住宅ローンが払えない・・・

給料が上がらない、出費が多くなったなどの理由でこのような生活費の悩みを抱えている人も多いようです。


金融機関によっても若干異なりますが、概ね3ヶ月の滞納期間があると文書で督促の通知が届き普通預金の出金ができなくなったりするなどまず預金が凍結されてしまいます。その後滞納が続くと競売の手続きがなされてしまいます。

逆にいえば、住宅ローンが払えない期間がこの3ヶ月の内に対処しなけれないけないということになります。



どのような理由で住宅ローンが払えないのかによって対処方法が異なってくると思われますが、個人事業主の方などで来月取引先から入金がある予定で今月だけ住宅ローンが払えないということならば一時しのぎでカードローンなどキャッシングを利用して来月入金があったらすぐにキャッシングを返済するという手段もあるでしょう。


ただ、一般的に低金利の住宅ローンが払えないために高金利のカードローンのキャッシングを借りるのはおすすめではありません。

収入が上がる見込みがない、生活費の見直しができないなどの状況でカードローンなどキャッシングを借りて自転車操業のように住宅ローンの返済を続けていくと泥沼にはまって、任意売却や自己破産などの債務整理をしなければいけなくなるケースが多く存在しています。


時によっては住宅を売却するという決断も必要になってきます。


住宅を売る場合には、不動産会社によって査定が異なりますので複数の不動産会社に査定してもらう必要があります。

複数の不動産会社の査定依頼はこちらが便利です。⇒ イエウール


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。