バレンティン

バレンティン選手がついに王貞治氏が持つ55本のホームラン日本プロ野球記録を更新しました。

松井秀喜選手の背番号や萩本欽一さんが結成していたコンビ名「コント55号」など日本人には『55』という数字には思い入れが強いのではないでしょうか。


過去にも、古くは阪神タイガースのバース選手、ローズ選手、カブレラ選手の外国人選手、いわゆる、助っ人と呼ばれていた選手がこの55本のホームラン記録の更新に挑戦しました。

その際には、外国人選手に王貞治氏の日本記録を破ってほしくないという風潮がありましたが、今回バレンティン選手がこの記録を破ることに対して抵抗を感じていない日本人が多いように感じとれます。


プロ野球ファンに王貞治氏の現役時代を知る世代が少なくなったことが抵抗感を感じない一番の要因のように思いますね。

日本人の記録から、日本プロ野球の記録へと意識が変わった価値ある記録といえるのはないでしょうか。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。